エンダーのゲーム (2013年)

評価: ★★★☆☆☆☆☆☆☆( 3/10)


作品情報を見る
[作品名/タイトル] エンダーのゲーム
[英題・原題] ENDER'S GAME
[製作年・国] 2013年 ・ アメリカ
[監督/ディレクター] ギャヴィン・フッド
[出演/キャスト] 
エイサ・バターフィールド , ハリソン・フォード ,
ベン・キングズレー , ヴィオラ・デイヴィス ほか
[作品ジャンル] SF、アクション


<あらすじ/ストーリー>
強大な軍事力を持つ昆虫型生命体、フォーミックとの宇宙戦争を続けている人類。その第2次侵攻に備えるべく、世界中から優れた少年兵士たちが防衛軍ベースキャンプのバトルスクールへと集められ、宇宙で戦う技術と知識をたたき込まれていた。そんな中、戦いを終わらせる特殊な能力を秘めているとして少年エンダー(エイサ・バターフィールド)もベースキャンプに送られる。生命を持つ者同士が戦争で殺し合うことに強い疑問を抱きながらも戦士の才覚を発揮し、少年戦士の指揮官となるエンダーだった……。

<感想/コメント>
1985年に出版された、オースン・スコット・カードによるSF小説の名作を実写化。全く緊迫感のない戦闘シーンは、終始眠くなるばかりだった。気がついたらエンディング。少年の成長を描きたかったのだろうけど、イマイチ伝わらない残念な作品だった。告知ムービーの映像がかっこよかっただけに、もったいない…。




 【タグワード】 ・・・ クリックすると、同じワードでタグ付けされた作品を閲覧できます
   評価★3
   ギャヴィン・フッド監督
   ハリソン・フォード
   ベン・キングズレー
   SF
   アクション

posted by ルーク | TrackBack(0) | ア行のタイトル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック