パンズ・ラビリンス (2006年)

評価: ★★★★★★★★☆☆( 8/10)


作品情報を見る
[作品名/タイトル] パンズ・ラビリンス
[英題・原題] EL LABERINTO DEL FAUNO/PAN'S LABYRINTH
[製作年・国] 2006年 ・ メキシコ/スペイン/アメリカ
[監督/ディレクター] ギレルモ・デル・トロ
[出演/キャスト] 
イバナ・バケロ , セルジ・ロペス ,
マリベル・ベルドゥ , ダグ・ジョーンズ ほか
[作品ジャンル] ファンタジー


<あらすじ/ストーリー>
1944年のスペイン内戦で父を亡くし、独裁主義の恐ろしい大尉と再婚してしまった母と暮らすオフェリア(イバナ・バケロ)は、この恐ろしい義父から逃れたいと願うばかり自分の中に新しい世界を創り出す。オフェリアが屋敷の近くに不思議な迷宮を見つけ出して足を踏み入れると、迷宮の守護神が現われ彼女に危険な試練を与える……。

<感想/コメント>
率直に言うと、一人の少女を追った悲しい悲しい物語。オドロオドロしい妖精たちのオンパレードで冒頭からダークな雰囲気で展開していくファンタジーものなのだが、その雰囲気が極めて美しい。彼女はなぜ妖精が見えていたのか、全ての謎が解けるラストは必見。バッドエンドのようでハッピーエンド、今までに味わったことのない感情だった。




 【タグワード】 ・・・ クリックすると、同じワードでタグ付けされた作品を閲覧できます
   評価★8
   ギレルモ・デル・トロ監督
   ファンタジー

posted by ルーク | TrackBack(0) | ハ行のタイトル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック