ロミオ&ジュリエット (1996年)

評価: ★★★★★★★★★☆( 9/10)


作品情報を見る
[作品名/タイトル] ロミオ&ジュリエット
[英題・原題] WILLIAM SHAKESPEAR'S ROMEO & JULIET/ROMEO + JULIET
[製作年・国] 1996年 ・ アメリカ
[監督/ディレクター] バズ・ラーマン
[出演/キャスト] 
レオナルド・ディカプリオ , クレア・デインズ ,
ジョン・レグイザモ , ポール・ラッド ほか
[作品ジャンル] ドラマ、ラブストーリー


<あらすじ/ストーリー>
舞台を現代に変え、シェークスピアの『ロミオとジュリエット』を映画化。いがみ合うモンタギュー家とキャピュレット家をギャングという設定に変更。

<感想/コメント>
レオナルド・ディカプリオとクレア・デインズの美男美女ぶりがたまらないラブストーリー。シェイクスピア原作の古典文学を一新。時代背景を近代に変えた構成は違和感なくしっくり、完璧なまでに作品のテイストにマッチしていた。ラストも有名な誰もが知る名作のはずだが、二人の恋の行方にハラハラドキドキ感を十分に味わうことができた。




 【タグワード】 ・・・ クリックすると、同じワードでタグ付けされた作品を閲覧できます
   評価★9
   バズ・ラーマン監督
   レオナルド・ディカプリオ
   クレア・デインズ
   ジョン・レグイザモ
   ドラマ
   ラブストーリー

posted by ルーク | TrackBack(0) | ラ行のタイトル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック