トータル・リコール (1990年)

評価: ★★★★★★★★☆☆( 8/10)


作品情報を見る
[作品名/タイトル] トータル・リコール
[英題・原題] TOTAL RECALL
[製作年・国] 1990年 ・ アメリカ
[監督/ディレクター] ポール・ヴァーホーヴェン
[出演/キャスト] 
アーノルド・シュワルツェネッガー , レイチェル・ティコティン ,
シャロン・ストーン , マイケル・アイアンサイド ほか
[作品ジャンル] SF・アドベンチャー


<あらすじ/ストーリー>
西暦2084年。火星の夢にとりつかれた一人の技師が、夢による疑似体験を受けようとした事から何者かに命を狙われ始める。今の記憶が植え付けられた物である事を知った男は本当の自分を探すため火星へ飛び立つ……。

<感想/コメント>
CGと特殊メイクが見事に融合した作品。重厚感あるストーリー展開は、アクション作品の中でも群を抜いている。CG技術がまだまだ発展途上の時代にあったため、ほとんどがアナログな技術で製作されているのだが、その技術力でここまで壮大なストーリーを細かな描写も含め描けていることに感動する。特にラストで主人公たちが酸素のない空間でもがき苦しむ様はグロテスクだが美しさも持ちあわせたすばらしいシークエンスである。




 【タグワード】 ・・・ クリックすると、同じワードでタグ付けされた作品を閲覧できます
   アドベンチャー
   SF
   シャロン・ストーン
   評価★8
   アーノルド・シュワルツェネッガー
   ポール・ヴァーホーヴェン監督

posted by ルーク | TrackBack(0) | タ行のタイトル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/396344344
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック