リアル・スティール (2011年)

評価: ★★★★★★★☆☆☆( 7/10)


作品情報を見る
[作品名/タイトル] リアル・スティール
[英題・原題] REAL STEEL
[製作年・国] 2011年 ・ アメリカ
[監督/ディレクター] ショーン・レヴィ
[出演/キャスト] 
ヒュー・ジャックマン 、 ダコタ・ゴヨ 、
エヴァンジェリン・リリー 、 アンソニー・マッキー ほか
[作品ジャンル] 近未来・ヒューマン・ドラマ


<あらすじ/ストーリー>
かつて優秀なボクサーだったチャーリー(ヒュー・ジャックマン)は妻子と離れ、ただ自分の夢だけに没頭してきた。だが、西暦2020年の今では人間に代わり、格闘技ロボットたちがボクサーとして活躍していた。ある日、どうにかロボット格闘技のプロモーターとして生活していた彼の前に、母を亡くした息子(ダコタ・ゴヨ)が姿を現わし……。

<感想/コメント>
ロボット格闘技を通して培われていく親子の絆を描いた作品。スタローン主演の「オーバー・ザ・トップ」のロボット版のような雰囲気。親子ドラマも感動的なのだが、とにかくロボットのリアルさに目を奪われてしまった。近い将来、本当にこんなロボットが実現されそうな気がする。ロボットを動かすリモコンがhp製というディテールの拘りがウケた。




 【タグワード】 ・・・ クリックすると、同じワードでタグ付けされた作品を閲覧できます
   評価★7
   ショーン・レヴィ監督
   ヒュー・ジャックマン
   ダコタ・ゴヨ
   近未来
   ヒューマン
   ドラマ

posted by ルーク | TrackBack(0) | ラ行のタイトル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック