ロボット (2010年)

評価: ★★★★★★★☆☆☆( 7/10)


作品情報を見る
[作品名/タイトル] ロボット
[英題・原題] ENDHIRAN/THE ROBOT
[製作年・国] 2010年 ・ インド
[監督/ディレクター] シャンカール
[出演/キャスト] 
ラジニカーント 、 アイシュワリヤー・ラーイ・バッチャン 、
ダニー・デンゾンパ ほか
[作品ジャンル] SF・アクション


<あらすじ/ストーリー>
10年もの月日をかけて、バシー博士(ラジニカーント)は自分と同じ姿かたちをしたハイテク・ロボットのチッティ(ラジニカーント)を開発。さまざまなトラブルを巻き起こしながらも、人間社会の規律や習慣を学んでいくチッティだったが、次第に感情が芽生えるようになる。やがて、博士の恋人サナ(アイシュワリヤー・ラーイ)に心を奪われ、強引に彼女に気持ちを伝えようとするが、それが博士の逆鱗(げきりん)に触れて解体されてしまう。博士への激しい怒りと、サナへの絶ち切れぬ思いから、チッティは殺人マシンとなって復活を果たすが……。

<感想/コメント>
ハチャメチャで面白い! ぶっ飛んだストーリー、CGで創造されるキャラクターが滑稽。インド映画ってとにかく陽気なところが楽しいね。ただただ陽気なだけだったら物足りない作品だなぁと思ったかもしれないけど、意外にも感動のラストで思わずホロりとさせてくれたので☆7。




 【タグワード】 ・・・ クリックすると、同じワードでタグ付けされた作品を閲覧できます
   評価★7
   ラジニカーント
   SF
   アクション

posted by ルーク | TrackBack(0) | ラ行のタイトル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/356567331
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック