ミッション:8ミニッツ (2011年)

評価: ★★★★★★★★☆☆( 8/10)


作品情報を見る
[作品名/タイトル] ミッション:8ミニッツ
[英題・原題] SOURCE CODE
[製作年・国] 2011年 ・ アメリカ
[監督/ディレクター] ダンカン・ジョーンズ
[出演/キャスト] 
ジェイク・ギレンホール 、 ミシェル・モナハン 、
ヴェラ・ファーミガ 、 ジェフリー・ライト ほか
[作品ジャンル] SF・サスペンス


<あらすじ/ストーリー>
シカゴで乗客が全員死亡する列車爆破事故が起こり、事件を解明すべく政府の極秘ミッションが始動。爆破犠牲者が死亡する8分前の意識に入り込み、犯人を見つけ出すという任務遂行のため、軍のエリート、スティーヴンス(ジェイク・ギレンホール)が選ばれる。事件の真相に迫るため何度も8分間の任務を繰り返すたび、彼の中である疑惑が膨らんでいく。

<感想/コメント>
よく練られたストーリー。複雑なラストなので、いろいろな場面に注意しながら観ていかないと、けっこう混乱してしまう。恋人役の女性がなんとなくマイケル・ジャクソンに似ていたので、気になってしまってストーリーに集中できなかった(笑) 現実世界は何をもって現実世界なのか…。哲学的なテーマに挑戦している作品です!




 【タグワード】 ・・・ クリックすると、同じワードでタグ付けされた作品を閲覧できます
   評価★8
   ダンカン・ジョーンズ監督
   ジェイク・ギレンホール
   ヴェラ・ファーミガ
   SF
   サスペンス

posted by ルーク | TrackBack(0) | マ行のタイトル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック