クローバーフィールド/HAKAISHA (2008年)

評価: ★★★★★★★★★☆( 9/10)


作品情報を見る
[作品名/タイトル] クローバーフィールド/HAKAISHA
[英題・原題] CLOVERFIELD
[製作年・国] 2008年 ・ アメリカ
[監督/ディレクター] マット・リーヴス
[出演/キャスト] 
マイケル・スタール=デヴィッド 、 マイク・ヴォーゲル 、
オデット・ユーストマン 、 ジェシカ・ルーカス ほか
[作品ジャンル] モンスター・パニック


<あらすじ/ストーリー>
とあるニューヨークの夜、日本への転属が決まり、赴任することになったロブ(マイケル・スタール=デヴィッド)のために、大勢の仲間たちがサプライズ・パーティーを開く。そのパーティーの最中、突然、とてつもない爆音が聞こえ彼らが屋上へ行くと、まるで爆撃を受けたかのようにニューヨークの街がパニックに陥っていた。

<感想/コメント>
モンスター・パニック作品をモキュメンタリー(フェイク・ドキュメンタリー)として描いた異色作。とにかく作品のアイデアに脱帽。P.O.V.形式で撮られた映像をもとに、途中でインサートされる過去映像にヒントが隠されていたり、悲しみの演出が盛り込まれていたり、90分ほどの作品なのに非常に密度の濃いストーリーになっている。傾いたビルでの救出劇はスリル満点で、いったいどのようにして撮影したのだろうと終始感心しきりの作品だった。




 【タグワード】 ・・・ クリックすると、同じワードでタグ付けされた作品を閲覧できます
   評価★9
   マット・リーヴス監督
   モンスター
   パニック

posted by ルーク | TrackBack(0) | カ行のタイトル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/261875554
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック