ドラゴンハート (1996年)

評価: ★★★★★★★★★☆( 9/10)


作品情報を見る
[作品名/タイトル] ドラゴンハート
[英題・原題] DRAGONHEART
[製作年・国] 1996年 ・ アメリカ
[監督/ディレクター] ロブ・コーエン
[出演/キャスト] 
デニス・クエイド 、 デヴィッド・シューリス 、
ピート・ポスルスウェイト 、 ディナ・メイヤー ほか
[作品ジャンル] SF・ファンタジー


<あらすじ/ストーリー>
圧政に耐えかねた農民が起こした暴動で王は死に、幼いアイノン王子も瀕死の重傷を追った。女王は息子の命を救おうと騎士ボーエンと共に洞窟に棲むドラゴンのもとを訪れる。慈悲の心を持ち民衆を苦しめない事を条件に、心臓の半分を王子に授けるドラゴン。しかし成長したアイノンは父以上の暴君となり、それがドラゴンの心臓のせいだと考えたボーエンは単身ドラゴン狩りを開始する。ある日、人語を解するドラゴンと出会ったボーエンは、戦いの後に意気投合し和解する。こうしてドレイコと名付けられたドラゴンとボーエンは、悪い竜とそれを退治する者という役割を演じながら金を稼いでいくのだが……。

<感想/コメント>
今まで観てきたドラゴンが出てきた作品の中で、一番感動した作品。ラストのシーンがたまらなく感動する。伝記のような仕上がりに、ところどころギャグが織り交ぜてあり、笑いと感動のバランスが非常に良い。ちなみにドラゴンの声は、ショーン・コネリーが担当。






 【タグワード】 ・・・ クリックすると、同じワードでタグ付けされた作品を閲覧できます
   評価★9
   ロブ・コーエン監督
   デニス・クエイド
   SF
   ファンタジー

posted by ルーク | TrackBack(0) | タ行のタイトル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。