バベル (2006年)

評価: ★★★★★★☆☆☆☆( 6/10)


作品情報を見る
[作品名/タイトル] バベル
[英題・原題] BABEL
[製作年・国] 2006年 ・ アメリカ
[監督/ディレクター] アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
[出演/キャスト] 
ブラッド・ピット 、 ケイト・ブランシェット 、
ガエル・ガルシア・ベルナル 、 役所広司 、 菊地凛子 ほか
[作品ジャンル] ヒューマン・ドラマ


<あらすじ/ストーリー>
モロッコを旅行中のアメリカ人夫婦のリチャード(ブラッド・ピット)とスーザン(ケイト・ブランシェット)が、突然何者かによって銃撃を受け、妻が負傷するという事件が起こる。同じころ、東京に住む聴覚に障害を持った女子高生のチエコ(菊地凛子)は、満たされない日々にいら立ちを感じながら、孤独な日々を過ごしていた……。

<感想/コメント>
ひとつの事件をきっかけに、さまざまな人間差別を描いたドラマ。ストーリーは分かりやすく、伏線の描き方、それぞれの人間ドラマも丁寧だった。最後にチエコが刑事に渡したメモは何が書いてあったのか…、余韻を残した終わり方にはやや不満が残ってしまった。






 【タグワード】 ・・・ クリックすると、同じワードでタグ付けされた作品を閲覧できます
   評価★6
   アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督
   ブラッド・ピット
   ケイト・ブランシェット
   役所広司
   菊地凛子
   ヒューマン
   ドラマ

posted by ルーク | TrackBack(0) | ハ行のタイトル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。