第5惑星 (1985年)

評価: ★★★★★★☆☆☆☆( 6/10)


作品情報を見る
[作品名/タイトル] 第5惑星
[英題・原題] ENEMY MINE
[製作年・国] 1985年 ・ アメリカ
[監督/ディレクター] ウォルフガング・ペーターゼン
[出演/キャスト] 
デニス・クエイド 、 ルイス・ゴセット・Jr 、 リチャード・マーカス 、
ブライオン・ジェームズ 、 バンパー・ロビンソン ほか
[作品ジャンル] SF・ドラマ


<あらすじ/ストーリー>
激しい戦闘の末、惑星に不時着した地球人とドラコ星人。敵対関係にあるふたりだが、惑星の苛酷な環境はふたりの共同作業を必要とさせた。やがて両者の間に友情らしき物が芽生え始めた頃、雌雄同体のドラコ星人に出産の時期が訪れた……。

<感想/コメント>
地球外生命体のドラック人との心温まる友情を描く。やや粗い脚本であることは否めないが、2時間の中でこれだけのメッセージ性を持たせたストーリーを収めることは非常に難しい。世の中の平和を願うところは、先の見えない冷戦時代真っ只中の1980年代らしいSF作品だなと感じた。クリーチャーや合成、ミニチュア、マットペイントなど、アナログ特撮を存分に楽しみたい方はぜひ観ておくべき!






 【タグワード】 ・・・ クリックすると、同じワードでタグ付けされた作品を閲覧できます
   評価★6
   ウォルフガング・ペーターゼン監督
   デニス・クエイド
   SF
   ドラマ

posted by ルーク | TrackBack(0) | タ行のタイトル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。