デイブレイカー (2009年)

評価: ★★★★★★★☆☆☆( 7/10)


作品情報を見る
[作品名/タイトル] デイブレイカー
[英題・原題] DAYBREAKERS
[製作年・国] 2009年 ・ オーストラリア/アメリカ
[監督/ディレクター] マイケル・スピエリッグ 、ピーター・スピエリッグ
[出演/キャスト] 
イーサン・ホーク 、 ウィレム・デフォー 、
クローディア・カーヴァン 、 マイケル・ドーマン 、 サム・ニール ほか
[作品ジャンル] アクション・スリラー・SF


<あらすじ/ストーリー>
人類のほとんどがバンパイアと化した近未来、食糧源である人間の数は減少する一方だった。バンパイアは不老不死である代わりに、人間の血液を取り込まないと理性を失い凶暴化してしまう。そんな中、自らもバンパイアである血液研究者のエドワード(イーサン・ホーク)は、絶滅寸前の人間に危害を与えずに済む代用血液の開発に奮闘するが……。

<感想/コメント>
ヴァンパイアが支配する世界を描いたホラー。利益欲に飢える経営陣の考えは、どこか現在社会を比喩したような感覚におそわれる。雰囲気的に「ガタカ」に似たところもあるが、本作は最後まで残酷で悲しい場面の連続で、強烈な印象を残す不思議な作品だった。






 【タグワード】 ・・・ クリックすると、同じワードでタグ付けされた作品を閲覧できます
   マイケル・スピエリッグ監督
   ピーター・スピエリッグ監督
   イーサン・ホーク
   サム・ニール
   アクション
   スリラー
   SF
   評価★7

posted by ルーク | TrackBack(0) | タ行のタイトル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。