パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 (2010年)

評価: ★★★★★☆☆☆☆☆( 5/10)


作品情報を見る
[作品名/タイトル] パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々
[英題・原題] PERCY JACKSON & THE OLYMPIANS: THE LIGHTNING THIEF
[製作年・国] 2010年 ・ アメリカ
[監督/ディレクター] クリス・コロンバス
[出演/キャスト] 
ローガン・ラーマン 、 ピアース・ブロスナン 、 ユマ・サーマン 、
アレクサンドラ・ダダリオ 、 ブランドン・T・ジャクソン ほか
[作品ジャンル] ファンタジー・アドベンチャー


<あらすじ/ストーリー>
ギリシャ神話の神の息子であると告げられたアメリカの寄宿学校生、パーシー・ジャクソン(ローガン・ラーマン)。仲間とともにゼウスの雷撃を探す旅に出ることになったパーシーに、予言の神は4つの神託を下すが、旅の途中にはオリンポスの神々との出会いや敵との戦いが待っていた。

<感想/コメント>
ギリシャ神話を題材にした作品が多すぎるために、残念ながら本作はその作品群に埋もれてしまった印象を受けた。ゼウスの稲妻を盗んだ犯人もあまりパッとしない感じだったし、全体的にいまひとつ盛り上がりに欠けるファンタジー作品だった。






 【タグワード】 ・・・ クリックすると、同じワードでタグ付けされた作品を閲覧できます
   評価★5
   クリス・コロンバス監督
   ピアース・ブロスナン
   ユマ・サーマン
   ファンタジー
   アドベンチャー

posted by ルーク | TrackBack(0) | ハ行のタイトル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。