ジュラシック・パーク (1993年)

評価: ★★★★★★★★★★(10/10)


作品情報を見る
[作品名/タイトル] ジュラシック・パーク
[英題・原題] JURASSIC PARK
[製作年・国] 1993年 ・ アメリカ
[監督/ディレクター] スティーヴン・スピルバーグ
[出演/キャスト] 
リチャード・アッテンボロー 、 サム・ニール 、 ローラ・ダーン 、
ジェフ・ゴールドブラム 、 アリアナ・リチャーズ ほか
[作品ジャンル] SF・アドベンチャー


<あらすじ/ストーリー>
大富豪ジョン・ハモンドの招待で、古生物学者グラントとサトラー、そして数学者マルコムが南米コスタリカの沖合いに浮かぶ島を訪れた。そこは太古の琥珀に閉じ込められたDNAから遺伝子工学によって蘇った恐竜たちが生息する究極のアミューズメント・パークだったのだ。だがオープンを控えたその“ジュラシック・パーク”に次々とトラブルが襲いかかる。嵐の迫る中、ついに檻から解き放たれた恐竜たちは一斉に人間に牙を剥き始めた。

<感想/コメント>
劇場へ観に行って、あまりの映像の迫力に鳥肌が立ったまましばらく席を立てなかった。それまでのCG作品はいかにもCGらしい作品が多かったが、生物の質感まで伝わってくるようなリアルな表現に驚いた。製作当初、スピルバーグはクレイアニメのようなもので恐竜を再現しようと考えていたらしいのだが、CGの精巧さに即答でCGを使用することを決定したそうだ。たしかに本作を見ればスピルバーグがそう思ったのも納得である。ストーリーも人類の横暴への警告ともいえるメッセージ性のある内容ですばらしい。CG映画の金字塔といえる作品である。






 【タグワード】 ・・・ クリックすると、同じワードでタグ付けされた作品を閲覧できます
   評価★10
   スティーヴン・スピルバーグ監督
   サム・ニール
   ローラ・ダーン
   ジェフ・ゴールドブラム
   SF
   アドベンチャー

posted by ルーク | TrackBack(0) | サ行のタイトル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。