スター・ウォーズ/帝国の逆襲 (1980年)

評価: ★★★★★★★★★☆( 9/10)


作品情報を見る
[作品名/タイトル] スター・ウォーズ/帝国の逆襲
[英題・原題] THE EMPIRE STRIKES BACK
[製作年・国] 1980年 ・ アメリカ
[監督/ディレクター] アーヴィン・カーシュナー
[出演/キャスト] 
マーク・ハミル 、 ハリソン・フォード 、
キャリー・フィッシャー 、 アンソニー・ダニエルズ ほか
[作品ジャンル] SF・アドベンチャー


<あらすじ/ストーリー>
デス・スター壊滅の痛手から復活した帝国軍の前に、今や雪の惑星ホスで機会をうかがうしかない反乱軍。総攻撃を前にホスを脱出したレイアやハン・ソロたちは雲の惑星ベスピンへと旅立つが、ひとりルークはフォースの訓練を積むために伝説の<ジェダイ・マスター>ヨーダの住む惑星ダゴバへと向かった。ベスピンのクラウド・シティでソロの友人ランド・カルリシアン男爵の歓待を受けるレイアたち。だがそれはダース・ベイダーの仕組んだ罠だった。

<感想/コメント>
リネームされた作品名は「スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲」。ジョージ・ルーカスは製作総指揮としてプロデューサーで参加している。宇宙での戦闘シーンの迫力は前作から大幅にパワーアップ! ラストには衝撃の展開もあり、ストーリー性も高まっている。シリーズ中一番好きな作品。






 【タグワード】 ・・・ クリックすると、同じワードでタグ付けされた作品を閲覧できます
   SF
   評価★9
   アーヴィン・カーシュナー監督
   マーク・ハミル
   ハリソン・フォード
   アドベンチャー

posted by ルーク | TrackBack(0) | サ行のタイトル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。