きみに読む物語 (2004年)

評価: ★★★★★★★★☆☆( 8/10)


作品情報を見る
[作品名/タイトル] きみに読む物語
[英題・原題] THE NOTEBOOK
[製作年・国] 2004年 ・ アメリカ
[監督/ディレクター] ニック・カサヴェテス
[出演/キャスト] 
ライアン・ゴズリング 、 レイチェル・マクアダムス 、
ジーナ・ローランズ 、 ジェームズ・ガーナー  ほか
[作品ジャンル] ドラマ・ラブストーリー


<あらすじ/ストーリー>
ある老人ホーム。初老を迎えてはいるが、未だに美しさを失っていないアリーは夢想に浸っている。そんなアリーに「もう寝る時間だよ」と優しく声をかける、デュークと名乗る一人の男。彼を見つめるアリーの目には、最愛の夫ノアが、デュークの姿と重なりあって写っている。デュークが彼女の横に置いてあるノートを手に取る。そこには二羽の鳥の絵と、美しい女性の写真が飾られている。「これは誰なのー」と問いかけるアリーに対して、「それはアリー、君だよ」と答えるデューク。「これは本当に私なのー」と問い続ける彼女を見つめながら、デュークはそのノートを開きやさしく読み始めるのだった…。

<感想/コメント>
温かく爽やかな余韻に浸ることのできる作品。回想シーンを織り交ぜながら進行していく本作は、現在で語り合う老人二人の関係性にも興味が沸いてきて、謎解きの要素もあって面白い。物語の行く末を見守りながら感動のクライマックスへと移ったとき、誰もが涙するはず!






 【タグワード】 ・・・ クリックすると、同じワードでタグ付けされた作品を閲覧できます
   評価★8
   ニック・カサヴェテス監督
   ライアン・ゴズリング
   レイチェル・マクアダムス
   ドラマ
   ラブストーリー

posted by ルーク | TrackBack(0) | カ行のタイトル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。