(500)日のサマー (2009年)

評価: ★★★★★★★★☆☆( 8/10)


作品情報を見る
[作品名/タイトル] (500)日のサマー
[英題・原題] (500) DAYS OF SUMMER
[製作年・国] 2009年 ・ アメリカ
[監督/ディレクター] マーク・ウェブ
[出演/キャスト] 
ジョセフ・ゴードン=レヴィット 、 ゾーイ・デシャネル 、
ジェフリー・エアンド 、 マシュー・グレイ・ガブラー ほか
[作品ジャンル] ドラマ・ラブストーリー


<あらすじ/ストーリー>
グリーティングカード会社で働くトム(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は、新入りのサマー(ゾーイ・デシャネル)に一目ぼれしてしまう。ある日、好きな音楽をきっかけに意気投合し、いいムードになった二人。そんな中トムは、サマーに対して「彼氏はいるの?」と聞くと……。

<感想/コメント>
本編のナレーションでも言っているが、ラブストーリーではない物語。残酷なまでにリアルな恋愛作品だった…。後半で思い出のベンチでトムにつぶやくサマーの一言一言は、トム同様、観ているこっちまでどん底に突き落とされてしまうほど。こんなに浮かばれないストーリーなんだけど、最後の最後には温かい気持ちで終われるのでご安心を(笑) しかも、ラストは "サマー" にかけたニクい演出だったのが◎!






 【タグワード】 ・・・ クリックすると、同じワードでタグ付けされた作品を閲覧できます
   ラブストーリー
   ドラマ
   ゾーイ・デシャネル
   ジョセフ・ゴードン=レヴィット
   マーク・ウェブ監督
   評価★8

posted by ルーク | TrackBack(0) | カ行のタイトル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。