アキレスと亀 (2008年)

評価: ★★★★★★☆☆☆☆( 6/10)


作品情報を見る
[作品名/タイトル] アキレスと亀
[英題・原題] -
[製作年・国] 2008年 ・ 日本
[監督/ディレクター] 北野武
[出演/キャスト] 
ビートたけし 、 樋口可南子 、 柳憂怜 、 麻生久美子 、
中尾彬 、 伊武雅刀 、 大杉漣 、 大森南朋 、 筒井真理子 ほか
[作品ジャンル] ヒューマン・ドラマ・コミカル


<あらすじ/ストーリー>
絵を描くのが大好きな少年・真知寿(吉岡澪皇)は、自宅を訪れた画家に自分が描いた絵をほめられて、赤いベレー帽をもらう。真知寿は、その日から画家になることを夢見て毎日のように絵を描くようになる。そんなある日、父親(中尾彬)の会社が突然倒産して両親が立て続けに自殺を図ってしまい、真知寿の人生は暗転する。

<感想/コメント>
これぞコメディアン、ビートたけしの作品と思わせてくれる良い意味で "つまらない" 作品。ただただ絵を描くことが好きな人間(マチス)が、ただただひたすら絵を描くことに没頭している。怒られても、騙されても、絵の才能がなくても、絵を描くことを止めずもくもくと描き続ける様は何だか愛くるしい。とにかく最初から最後までずっと絵を描いているシーンばかりなんだけど、ブラックな笑いがところどころに散りばめられていて飽きることがなかった。ラストはこの作品にぴったりな心温まる感じでよかった。






 【タグワード】 ・・・ クリックすると、同じワードでタグ付けされた作品を閲覧できます
   評価★6
   北野武監督
   ビートたけし
   麻生久美子
   大杉漣
   ヒューマン
   ドラマ

posted by ルーク | TrackBack(0) | ア行のタイトル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。