カンゾー先生 (1998年)

評価: ★★★★★★☆☆☆☆( 6/10)


作品情報を見る
[作品名/タイトル] カンゾー先生
[英題・原題] 
[製作年・国] 1998年 ・ 日本
[監督/ディレクター] 今村昌平
[出演/キャスト] 
柄本明 、 麻生久美子 、 ジャック・ガンブラン 、
松坂慶子 、 世良公則 、 唐十郎 、 田口トモロヲ ほか
[作品ジャンル] ヒューマン・ドラマ


<あらすじ/ストーリー>
終戦を間近に控えた昭和20年の夏。赤城はこの町の開業医で患者を誰でも“肝臓病”と診断することから人々から“カンゾー先生”と揶揄されていた。そんな赤城の下にこの町にはめずらしい美人の看護婦ソノ子がやってくる。しかし、ソノ子は根はまじめながら、女郎だった母親の教えもあって、時々男に体を売っていた……。

<感想/コメント>
戦時中を生きた人たちをブラックなユーモアを交えて描いたドラマ。下ネタや残酷な場面があったりと過激な内容なのだが、監督の手にかかればそんな内容もくすっと笑えるアイロニカルな感じに仕上がっている。麻生久美子の初々しさと体を張った演技が見もの。最後の最後まで肝臓病のことが頭から離れないカンゾー先生が愛らしく感じた。






 【タグワード】 ・・・ クリックすると、同じワードでタグ付けされた作品を閲覧できます
   柄本明
   評価★6
   ドラマ
   麻生久美子
   ヒューマン
   今村昌平監督

posted by ルーク | TrackBack(0) | カ行のタイトル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。