プリティ・ウーマン (1990年)

評価: ★★★★★★★★★☆( 9/10)


作品情報を見る
[作品名/タイトル] プリティ・ウーマン
[英題・原題] PRETTY WOMAN
[製作年・国] 1990年 ・ アメリカ
[監督/ディレクター] ゲイリー・マーシャル
[出演/キャスト] 
リチャード・ギア 、 ジュリア・ロバーツ 、
ローラ・サン・ジャコモ 、 ラルフ・ベラミー ほか
[作品ジャンル] ラブストーリー


<あらすじ/ストーリー>
ウォール街きっての実業家ルイスが気まぐれに一週間のアシスタント契約を結んだコールガールのビビアン。しかし、彼女は瞬く間にエレガントな女性に変身。その美しさと勝気な性格にルイスは次第に心魅かれていくのだが……。

<感想/コメント>
何回観ても楽しめるシンデレラ・ストーリーの代名詞的作品。ジュリア・ロバーツの初々しい演技が魅力的。また、周りの人々が彼女に関わることで心境が変化していく様がおもしろい。有名な話ですが、ジュリア・ロバーツは細身であったため、入浴シーンでセクシーさを求めた監督は、腕や太もものアップを撮るときにパーツモデル(ボディダブルというらしい)を使用しました。そのおかげで映画は大ヒットしたとかしないとか……。






 【タグワード】 ・・・ クリックすると、同じワードでタグ付けされた作品を閲覧できます
   評価★9
   ゲイリー・マーシャル監督
   リチャード・ギア
   ジュリア・ロバーツ
   ラブストーリー

posted by ルーク | TrackBack(0) | ハ行のタイトル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。