ボーン・アイデンティティー (2002年)

評価: ★★★★★★★★☆☆( 8/10)


作品情報を見る
[作品名/タイトル] ボーン・アイデンティティー
[英題・原題] THE BOURNE IDENTITY
[製作年・国] 2002年 ・ アメリカ
[監督/ディレクター] ダグ・リーマン
[出演/キャスト] 
マット・デイモン 、 フランカ・ポテンテ 、
クリス・クーパー 、 クライヴ・オーウェン ほか
[作品ジャンル] アクション・スパイ


<あらすじ/ストーリー>
海上沖で、イタリアの漁船が海に浮かんでいる一人の男を助け上げる。男は虫の息で、背中に何発もの銃弾を受けていたが、乗組員の手当てにより回復する。しかし、記憶を失っていていったい自分が何者なのか、まったく解らない。手掛かりといえば、戦術、自己防衛能力にたけ、語学に堪能、そしてスイス銀行の口座番号だけ。男は自分の正体を調べにチューリッヒの貸し金庫に行くが、そこで目にしたのは各国のパスポート、多額の現金、自動拳銃、そしてパリの住所とジェイソン・ボーンという名前だった…。

<感想/コメント>
マット・デイモンのアクションシーンははじめて見たが、なかなか様になっていた。複雑な構成のストーリーなので、ひとつひとつ頭の中で整理しながらじっくり楽しめるところも見応えがあってよい。主人公の名前がジェイソン・ボーン(007のジェームス・ボンドにそっくり!)というのは、スパイ作品ならではの遊び心。






 【タグワード】 ・・・ クリックすると、同じワードでタグ付けされた作品を閲覧できます
   評価★8
   ダグ・リーマン監督
   マット・デイモン
   クリス・クーパー
   アクション
   スパイ

posted by ルーク | TrackBack(0) | ハ行のタイトル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。