タイタンの戦い (2010年)

評価: ★★★★★★☆☆☆☆( 6/10)


作品情報を見る
[作品名/タイトル] タイタンの戦い
[英題・原題] CLASH OF THE TITANS
[製作年・国] 2010年 ・ アメリカ
[監督/ディレクター] ルイ・ルテリエ
[出演/キャスト] 
サム・ワーシントン 、 ジェマ・アータートン 、 マッツ・ミケルセン 、
アレクサ・ダヴァロス 、 レイフ・ファインズ 、 リーアム・ニーソン ほか
[作品ジャンル] アクション・アドベンチャー


<あらすじ/ストーリー>
神々が世に君臨していたある時代。神々の王ゼウス(リーアム・ニーソン)の息子として生まれたが、人間として育てられたペルセウス(サム・ワーシントン)がいた。彼は世界を滅亡の危機から救うため、冥界の王ハデス(レイフ・ファインズ)を倒す戦いの旅に出る。そこには、悪魔や獣といった強敵との死闘が待っていた。

<感想/コメント>
アクションはもちろんのこと、キャラクターの設定もしっかりしていて楽しめる作品だった。後半の戦闘シーンがちょっと展開が早すぎる気もしたが、しつこく描きすぎても退屈してしまうのでちょうどよいのかもしれない。作品全体の印象としては、ものすごくコンパクトにまとまった「ロード・オブ・ザ・リング」といった感じ。






 【タグワード】 ・・・ クリックすると、同じワードでタグ付けされた作品を閲覧できます
   評価★6
   ルイ・ルテリエ監督
   サム・ワーシントン
   リーアム・ニーソン
   アクション
   アドベンチャー

posted by ルーク | TrackBack(0) | タ行のタイトル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。