未来世紀ブラジル (1985年)

評価: ★★★★★☆☆☆☆☆( 5/10)


作品情報を見る
[作品名/タイトル] 未来世紀ブラジル
[英題・原題] BRAZIL
[製作年・国] 1985年 ・ イギリス 、 アメリカ
[監督/ディレクター] テリー・ギリアム
[出演/キャスト] 
ジョナサン・プライス 、 キム・グライスト 、
ロバート・デ・ニーロ 、 イアン・ホルム ほか
[作品ジャンル] 近未来・SF


<あらすじ/ストーリー>
コンピュータによる国民管理が徹底した仮想国ブラジル。その情報管理局で、ある役人が叩き落としたハエによって、コンピュータ情報の一部が壊れてしまう。そしてその影響は、善良な靴職人をテロリストと誤認逮捕させる結果を生み出すが……。

<感想/コメント>
奇妙奇天烈な近未来SF作品。現代の管理社会を痛烈に皮肉った演出は、一見すると意味不明だけど、実に手が込んでいる。何事にも書類とサインを求めるお役人や、自分勝手に仕事を進めて気に入らないと放り投げるサービスマンなど、デフォルメされてはいるものの現代社会にも同じような人物は山ほど居る気がする。後半は「時計仕掛けのオレンジ」のような雰囲気。人が人を支配することの恐ろしさを物語っている。




 【タグワード】 ・・・ クリックすると、同じワードでタグ付けされた作品を閲覧できます
   評価★5
   テリー・ギリアム監督
   ロバート・デ・ニーロ
   SF

posted by ルーク | TrackBack(0) | マ行のタイトル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック