チョコレート (2001年)

評価: ★★★★★★★★☆☆( 8/10)

チョコレート.jpg
作品情報を見る
[作品名/タイトル] チョコレート
[英題・原題] MONSTER'S BALL
[製作年・国] 2001年 ・ アメリカ
[監督/ディレクター] マーク・フォースター
[出演/キャスト] 
ビリー・ボブ・ソーントン 、 ハル・ベリー 、
ピーター・ボイル 、 ヒース・レジャー ほか
[作品ジャンル] ドラマ


<あらすじ/ストーリー>
ハンクはアメリカ南部の刑務所で死刑囚棟の看守を長年務めてきた男。彼の父も同じ看守を務め、今は息子のソニーが同じ道を歩み始めたところだった。ハンクは父譲りの人種差別主義者だったが、息子のソニーは心の優しい人間で、そんなハンクの考え方に疑問を感じていた。黒人の囚人ローレンス・マスグローヴに対する処刑の日、ハンクとソニーが電気椅子に向かうローレンスに付き添うことになったが、慣れないソニーは執行の直前に取り乱してしまった。刑の執行後、自らの職務に厳格なハンクはそんなソニーの態度を厳しく叱責してしまう……。

<感想/コメント>
感動した! あの意味深なラストは観ている人の想像力をかきたてると思う。人種差別というとどことなくよその国の話に聞こえてしまうが、それ以外のことも深く描かれていてかなり考えさせられる。ハル・ベリーの演技はすばらしく、この作品で黒人初のアカデミー主演女優賞をとったというのも納得。






 【タグワード】 ・・・ クリックすると、同じワードでタグ付けされた作品を閲覧できます
   評価★8
   マーク・フォースター監督
   ビリー・ボブ・ソーントン
   ハル・ベリー
   ヒース・レジャー
   ドラマ

posted by ルーク | TrackBack(0) | タ行のタイトル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。