アルティメット (2004年)

評価: ★★★★★★★☆☆☆( 7/10)


作品情報を見る
[作品名/タイトル] アルティメット
[原題] BANLIEUE 13
[製作年・国] 2004年 ・ フランス
[監督/ディレクター] ピエール・モレル
[出演/キャスト] 
シリル・ラファエリ 、 ダヴィッド・ベル 、 トニー・ダマリオ 、
ラルビ・ナセリ 、 ダニー・ヴェリッシモ ほか
[作品ジャンル] アクション


<あらすじ/ストーリー>
パリ郊外の危険地区バンリュー13に暮らす青年レイト(ダヴィッド・ベル)は、街からのドラッグ一掃を目指すが、ギャングの逆襲により妹を人質に取られてしまう。同じころ、エリート潜入捜査官のダミアン(シリル・ラファエリ)は、ギャングに強奪され、バンリュー13に持ち込まれた時限爆弾の解除を上層部から命じられる。

<感想/コメント>
リュック・ベッソンが製作・脚本を手掛けたフレンチ・アクション。久々に生身アクションの迫力を実感できた作品だった。人気の "パルクール" を余すところ無く楽しめます! 全編にわたって繰り広げられるアクション・シーンは、スタントやワイヤーを一切使用しなかったというから驚き。ストーリーも飽きさせることのない展開で、正義感溢れる熱血刑事と危険地区で育った青年による迷コンビというベタな設定が、ベタベタすぎて良かった。






 【タグワード】 ・・・ クリックすると、同じワードでタグ付けされた作品を閲覧できます
   評価★7
   ピエール・モレル監督
   アクション

posted by ルーク | TrackBack(0) | ア行のタイトル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。