タイムライン (2003年)

評価: ★★★★★★☆☆☆☆( 6/10)


作品情報を見る
[作品名/タイトル] タイムライン
[英題・原題] TIMELINE
[製作年・国] 2003年 ・ アメリカ
[監督/ディレクター] リチャード・ドナー
[出演/キャスト] 
ポール・ウォーカー 、 フランシス・オコナー 、
ジェラルド・バトラー 、 ビリー・コノリー ほか
[作品ジャンル] アドベンチャー


<あらすじ/ストーリー>
フランスのとある修道院跡で行われている発掘プロジェクトにより、14世紀の地層から現代の眼鏡レンズと「Help me」と書かれたメモが発掘された。それは、失踪したプロジェクトの責任者・ジョンストン教授が、600年前から現代に向けて放ったSOSのサインだった。教授の息子・クリスら発掘チームの面々はさらに驚愕の事実を知らされる。教授は、ハイテク企業・ITCが開発した時空間転送装置“3Dファックスマシン”で14世紀のフランスに転送されてしまったというのだ。クリスは、仲間たちとともに父の後を追い、百年戦争のまっただ中にある14世紀のフランスに降り立つ。果たして、彼らは無事に教授を救い、帰還する事が出来るのか――。

<感想/コメント>
序盤は「あぁ、面白くないかも…」と思ったが、後半になるにつれ意外に盛り上がった。原作がマイケル・クライトンだけあって、なぜか現実味があるように感じられるところが不思議だ。ぜったい在り得ないとは思うのだが…。






 【タグワード】 ・・・ クリックすると、同じワードでタグ付けされた作品を閲覧できます
   ポール・ウォーカー
   リチャード・ドナー監督
   評価★6
   ジェラルド・バトラー
   アドベンチャー

posted by ルーク | TrackBack(0) | タ行のタイトル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。