バイオハザードIII (2007年)

評価: ★★★★★☆☆☆☆☆( 5/10)


作品情報を見る
[作品名/タイトル] バイオハザードIII
[英題・原題] RESIDENT EVIL: EXTINCTION
[製作年・国] 2007年 ・ アメリカ
[監督/ディレクター] ラッセル・マルケイ
[出演/キャスト] 
ミラ・ジョヴォヴィッチ 、 オデッド・フェール 、 アリ・ラーター 、
イアン・グレン 、 アシャンティ  ほか
[作品ジャンル] アクション・ホラー


<あらすじ/ストーリー>
前作の惨劇から8年。感染は全世界へ広がり地上が砂漠と化す中、ラクーンシティの生存者たちは、アラスカを目指してネバダ州の砂漠を横断していた。そこですべての元凶であるアンブレラ社の巨大な陰謀を阻止するため闘い続けるアリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)は、離ればなれになっていたカルロス(オデッド・フェール)と生存者一団に遭遇する。

<感想/コメント>
ネタが出尽くしてしまったのか、もう何でもありな状態になってしまったのが残念。これまでは破壊力を見せるアクションだったのが、エスパーみたいな能力まで出てきてしまう。ただ、無数のゾンビ(アンデッド)がひしめく場所に突っ込んでいくシーンは爽快でよかった!






 【タグワード】 ・・・ クリックすると、同じワードでタグ付けされた作品を閲覧できます
   ホラー
   アクション
   アリ・ラーター
   ミラ・ジョヴォヴィッチ
   ラッセル・マルケイ監督
   評価★5

posted by ルーク | TrackBack(0) | ハ行のタイトル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。