座頭市 (2003年)

評価: ★★★★★★☆☆☆☆( 6/10)


作品情報を見る
[作品名/タイトル] 座頭市
[原題] 
[製作年・国] 2003年 ・ 日本
[監督/ディレクター] 北野武
[出演/キャスト] 
ビートたけし 、 浅野忠信 、 夏川結衣 、 大楠道代 、
橘大五郎 、 大家由祐子 、 ガダルカナル・タカ 、 岸部一徳 ほか
[作品ジャンル] 時代劇・アクション


<あらすじ/ストーリー>
とある宿場町に役者は揃った。朱塗りの仕込み杖を手にした居合い斬りの達人・市(ビートたけし)と、病身の妻・おしのを連れた浪人の服部源之助、そして芸者のおきぬ・おせい姉妹。そこではヤクザの銀蔵一家が幅を利かせ、絵に書いたように農民達の暮らしは苦しめられていた。そんな折、市は賭場で新吉という気のいい男と親しくなり、ひょんなことから同席したおきぬ・おせいの芸者姉妹が訳有りであることを見抜く。姉妹は、惨殺された一家の仇を討つため、ある男を探しているという・・・。一方、病身の妻を抱え、用心棒の口を捜していた服部は、銀蔵一家にその腕を見初められる。役者達の、それぞれの運命の対決は刻々と迫っていた。

<感想/コメント>
恥ずかしながら、キタノ作品をきちんと見たのはこの「座頭市」が初めて…。この作品では”キタノブルー”と言われる青を基調とした色調は使用せず、全体的にモノトーンぽく仕上げている。意外にも笑えるシーン満載で、いい感じに肩の力が抜けている作品。一転、殺陣の場面では緊迫感ありのスタイリッシュな映像を見せてくれる。






 【タグワード】 ・・・ クリックすると、同じワードでタグ付けされた作品を閲覧できます
   評価★6
   北野武監督
   ビートたけし
   浅野忠信
   夏川結衣
   アクション

posted by ルーク | TrackBack(0) | サ行のタイトル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。