猿の惑星 (1968年)

評価: ★★★★★★★★★☆( 9/10)


作品情報を見る
[作品名/タイトル] 猿の惑星
[原題] PLANET OF THE APES
[製作年・国] 1968年 ・ アメリカ
[監督/ディレクター] フランクリン・J・シャフナー
[出演/キャスト] 
チャールトン・ヘストン 、 キム・ハンター 、
ロディ・マクドウォール 、 リンダ・ハリソン ほか
[作品ジャンル] アドベンチャー・SF


<あらすじ/ストーリー>
未知の惑星に不時着した宇宙飛行士たちは、そこでは猿が人間を支配している事を知る。主人公テイラーはコーネリアスとジーラというチンパンジーの協力者を得て逃亡を計るが……。

<感想/コメント>
自分が生まれる何年も前にこんな作品が作れてしまっていたことに感激した。この映画を初めて観たのはたしか小学6年のときだったかな…。当時、ストーリーや特殊メイクにかなりの衝撃を受けたことを覚えている。いかにこの映画が何十年経っても色あせない魅力を持っているかが身にしみてわかった。たぶん今の時代でも、ストーリーをまったく知らない状態で観たら必ず衝撃を受けてしまうに違いない。






 【タグワード】 ・・・ クリックすると、同じワードでタグ付けされた作品を閲覧できます
   評価★9
   フランクリン・J・シャフナー監督
   チャールトン・ヘストン
   アドベンチャー
   SF

posted by ルーク | TrackBack(0) | サ行のタイトル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。