硝子の塔 (1993年)

評価: ★★★★★★☆☆☆☆( 6/10)


作品情報を見る
[作品名/タイトル] 硝子の塔
[原題] SLIVER
[製作年・国] 1993年 ・ アメリカ
[監督/ディレクター] フィリップ・ノイス
[出演/キャスト] 
シャロン・ストーン 、 ウィリアム・ボールドウィン 、
トム・ベレンジャー 、 ポリー・ウォーカー 、 マーティン・ランドー ほか
[作品ジャンル] サスペンス


<あらすじ/ストーリー>
離婚したばかりのキャリア・ウーマン、カーリーはマンハッタンのとある高級高層マンションに引っ越してくる。しかしそのマンションはハイテク装置に制御させた隠しカメラが全室に仕掛けられ、尚かつ彼女の部屋は以前、謎の殺人事件が起こった所だった。そんな事を知らない彼女はある日、二人の男に出会う。一人はコンピュータ・ゲームを製作しているジーク。そしてもう一人は官能小説家のジャック。離婚したばかりの彼女は寂しさからか、次第にジークに靡いていくがそんな時、彼女と同階のモデルが殺される事件が起こる……。

<感想/コメント>
何度観てもこのラストは完結しているように感じない。・・・というよりもラストの印象が薄れてしまっている気がする。よくこんなすごいマンションを管理人は作ったなとただただ感心するばかり。執念を感じます。誰もここまでお金をかけて自分の欲望を満たそうとしないって!






 【タグワード】 ・・・ クリックすると、同じワードでタグ付けされた作品を閲覧できます
   シャロン・ストーン
   ウィリアム・ボールドウィン
   フィリップ・ノイス監督
   評価★6
   サスペンス

posted by ルーク | TrackBack(0) | カ行のタイトル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。