キャスト・アウェイ (2000年)

評価: ★★★★★★★★☆☆( 8/10)


作品情報を見る
[作品名/タイトル] キャスト・アウェイ
[原題] CAST AWAY
[製作年・国] 2000年 ・ アメリカ
[監督/ディレクター] ロバート・ゼメキス
[出演/キャスト] 
トム・ハンクス 、 ヘレン・ハント 、 クリストファー・ノース 、
ニック・サーシー 、 ナン・マーティン  ほか
[作品ジャンル] ドラマ


<あらすじ/ストーリー>
チャックはフェデックスに勤めるシステム・エンジニア。ある日、彼の乗った飛行機が太平洋上で墜落。奇跡的に一命は取り留めたものの、彼が流れ着いた先は誰もいない無人島だった……。

<感想/コメント>
脚本と編集の巧さを感じた作品。飛行機の墜落から脱出までのシークエンスはリアリティがあり見事! 無人島でのサバイバルでは試行錯誤しながら環境に慣れていき、たくましくなっていく様子がうまく描かれている。中でも感心したのは無人島生活ではしゃべる必要がなくなるので最初は黙っているシーンばかりなのだが、それでは映画としてつまらない。その解決策として孤独感を凌ぐため相棒(バレーボールに顔を書いたウィルソンと呼ぶ)を作り、その相棒に語りかけるようにしたこと。流れとしても自然だし、作品としても相棒とのやり取りが加わり面白さが増した。途中、急に4年ほど経過してしまうところはあっけない感じではあったが、第2の人生を歩み始めた含みをもったラストで非常によかった。






 【タグワード】 ・・・ クリックすると、同じワードでタグ付けされた作品を閲覧できます
   ドラマ
   ヘレン・ハント
   トム・ハンクス
   ロバート・ゼメキス監督
   評価★8

posted by ルーク | TrackBack(0) | カ行のタイトル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。