エネミー・オブ・アメリカ  (1998年)

評価: ★★★★★★★☆☆☆( 7/10)


作品情報を見る
[作品名/タイトル] エネミー・オブ・アメリカ
[原題] ENEMY OF THE STATE
[製作年・国] 1998年 ・ アメリカ
[監督/ディレクター] トニー・スコット
[出演/キャスト] 
ウィル・スミス 、 ジーン・ハックマン 、
ジョン・ヴォイト 、 リサ・ボネ 、 レジーナ・キング  ほか
[作品ジャンル] アクション


<あらすじ/ストーリー>
弁護士ディーンはある日、本人も気づかないままに暗殺事件の証拠を手にしてしまう。事件の首謀者は、NSA(国家安全保障局)の行政官レイノルズ。NSA は最新鋭のテクノロジーを駆使した隠蔽工作を開始し、ディーンを証拠と共に抹殺しようとする。愛する妻の信頼と職業上の成功を失い、犯罪者の濡れ衣まで着せられ、追いつめられるディーン。孤立無援の彼は元諜報工作員ブリルを味方につけ、全能の監視追跡システムを操る巨大な敵を相手に、反撃を開始するが……。

<感想/コメント>
本当に起こってもおかしくない内容だと思った。かなりリアリティのある作品。現在のハイテク情報社会の裏に潜む闇の部分を見事に描いている。ウィル・スミスはこういった災難続きの不運な男が似合う役者だなと思った。でもこんな災難にここまで運よく切り抜けられる人は絶対にいないでしょう(笑)






 【タグワード】 ・・・ クリックすると、同じワードでタグ付けされた作品を閲覧できます
   評価★7
   トニー・スコット監督
   ウィル・スミス
   ジーン・ハックマン
   ジョン・ヴォイト
   アクション

posted by ルーク | TrackBack(0) | ア行のタイトル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。