アモーレス・ぺロス (1999年)

評価: ★★★★★★★☆☆☆( 7/10)


作品情報を見る
[作品名/タイトル] アモーレス・ペロス
[英題] AMORES PERROS
[製作年・国] 1999年 ・ メキシコ
[監督/ディレクター] アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
[出演/キャスト] 
エミリオ・エチェバリア 、 ガエル・ガルシア・ベルナル 、
ゴヤ・トレド 、 アルバロ・ゲレロ 、 バネッサ・バウチェ ほか
[作品ジャンル] ラブストーリー


<あらすじ/ストーリー>
メキシコシティ。ダウンタウンに住む青年オクタビオは、強盗を重ねては放蕩を続けている兄ラミロの妻スサナを密かに恋していた。ラミロの仕打ちに苦しむスサナもオクタビオには悩みを打ち明けるのだった……。スペインからやってきたモデル、バレリア。仕事も成功し、不倫相手のダニエルも妻と別居し、2人はマンションでの新たな生活を始めるのだったが……。初老の殺し屋エル・チーボのもとに新たな仕事の依頼が舞い込む。エル・チーボは殺す相手の行動を観察する一方、昔捨てた自分の娘の後を追い、こっそり家に忍び込む……。

<感想/コメント>
オムニバス形式っぽい感じのストーリー展開が印象的な作品だった。ひとつの交通事故をきっかけに3人の主人公のそれぞれの物語が進行していく。さまざまな「愛」について深く考えさせられた。カメラワークもなかなか良く、メキシコらしいラテンの雰囲気がかなり出ている。






 【タグワード】 ・・・ クリックすると、同じワードでタグ付けされた作品を閲覧できます
   評価★7
   アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督
   ラブストーリー

posted by ルーク | TrackBack(0) | ア行のタイトル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。