アンドリューNDR114 (1999年)

評価: ★★★★★☆☆☆☆☆( 5/10)


作品情報を見る
[作品名/タイトル] アンドリューNDR114
[英題] BICENTENNIAL MAN
[製作年・国] 1999年 ・ アメリカ
[監督/ディレクター] クリス・コロンバス
[出演/キャスト] 
ロビン・ウィリアムズ 、 エンベス・デイヴィッツ 、
サム・ニール 、 オリヴァー・プラット ほか
[作品ジャンル] SF・ドラマ


<あらすじ/ストーリー>
人間になりたいという願望を持つ、アンドロイドのアンドリュー。彼が200年にわたって人間の心を育んでゆく家庭を、心温まる描写で綴ってゆく。全身ロボット・スーツを被りながら、その持ち味を醸し出すウィリアムスが絶品。サム・ニール共演。ある一家に購入された家事用ロボットのNDR114。アンドリューと名付られ、家族の一員として生活を営むうち、次第に彼は人間への憧れを抱くようになってゆく。

<感想/コメント>
ロビン・ウィリアムズ演じるアンドリュー(ロボット)が徐々に人間へと近づいていく描写は見事だった。ただ、特殊効果以外はこれといって見応えがなかった気がする。人間になりたいという願望をテーマにした作品「A.I.」よりも2年も前にこのようなドラマ性のあるロボットものを製作しているのは立派。






 【タグワード】 ・・・ クリックすると、同じワードでタグ付けされた作品を閲覧できます
   評価★5
   クリス・コロンバス監督
   ロビン・ウィリアムズ
   サム・ニール
   SF
   ドラマ

posted by ルーク | TrackBack(0) | ア行のタイトル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。