ハイテンション (2003年)

評価: ★★★★★★☆☆☆☆( 6/10)


作品情報を見る
[作品名/タイトル] ハイテンション
[英題] HAUTE TENSION/HIGH TENSION/SWITCHBLADE ROMANCE
[製作年・国] 2003年 ・ フランス
[監督/ディレクター] アレクサンドル・アジャ
[出演/キャスト] 
セシル・ドゥ・フランス 、 マイウェン 、
フィリップ・ナオン 、 フランク・カルフン ほか
[作品ジャンル] スプラッター・ホラー


<あらすじ/ストーリー>
マリー(セシル・ドゥ・フランス)は試験勉強のため、親友のアレックス(マイウェン)と一緒に彼女の実家を訪れた。その晩突然玄関のドアベルが鳴り、マリーは父親(アンドレイ・フィンティ)がいきなり男(フィリップ・ナオン)に刃物で斬りつけられるのを目撃。彼女は慌てて自分の痕跡を消し、ベッドの下に隠れるが……。

<感想/コメント>
冒頭から漂う異様な雰囲気。突如、無差別に殺される描写。わけもわからずに作品の世界に放り込まれるが、驚愕の事実を知ったときタイトルの意味を理解できた気がする。作品のところどころに「悪魔のいけにえ」を意識している感じが垣間見える。芸術性も兼ね備えているため、単なる血だらけの演出を見せるだけのスプラッター映画に留まっていない。






 【タグワード】 ・・・ クリックすると、同じワードでタグ付けされた作品を閲覧できます
   評価★6
   アレクサンドル・アジャ監督
   ホラー

posted by ルーク | TrackBack(0) | ハ行のタイトル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。