13日の金曜日・完結編 (1984年)

評価: ★★★★★★☆☆☆☆( 6/10)


作品情報を見る
[作品名/タイトル] 13日の金曜日・完結編
[英題] FRIDAY THE 13TH - THE FINAL CHAPTER
[製作年・国] 1984年 ・ アメリカ
[監督/ディレクター] ジョセフ・ジトー
[出演/キャスト] 
クリスピン・グローヴァー 、 キンバリー・ベック 、
バーバラ・ハワード 、 エリック・アンダーソン ほか
[作品ジャンル] ホラー・モンスター


<あらすじ/ストーリー>
クリスタル湖で10名に及ぶ人間を惨殺したジェイソンは頭に斧を突きさされ死んだかに思われたが、病院に運ばれたジェイソンは再び目を覚ます! 湖畔へと戻るジェイソンが次の標的にしたのは湖畔の別荘にいる18歳のトリッシュと卜ミー少年たちだった・・・。

<感想/コメント>
シリーズ第4弾。やっと20世紀を代表するモンスター、"ジェイソン" の本領発揮。無気味さも兼ね備え、キャラ設定はしっかり出来上がっている。しつこく襲ってくるジェイソンに対して、トミー&トリッシュが知恵で応戦するところが見物。ジェイソンを初めて観る人は、この作品から入ってみるのがいいかもしれない。(自分もそうだったので)






 【タグワード】 ・・・ クリックすると、同じワードでタグ付けされた作品を閲覧できます
   評価★6
   ジョセフ・ジトー監督
   ホラー

posted by ルーク | TrackBack(0) | サ行のタイトル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。