13日の金曜日 (1980年)

評価: ★★★★★★☆☆☆☆( 6/10)


作品情報を見る
[作品名/タイトル] 13日の金曜日
[英題] FRIDAY THE 13TH
[製作年・国] 1980年 ・ アメリカ
[監督/ディレクター] ショーン・S・カニンガム
[出演/キャスト] 
ベッツィ・パルマー 、 エイドリアン・キング 、
ハリー・クロスビー 、 ローリー・バートラム ほか
[作品ジャンル] ホラー・サスペンス


<あらすじ/ストーリー>
クリスタル湖のキャンプ場を舞台に若者達が無差別に次々と惨殺されて行く。果たして殺人犯は誰なのか。殺人犯の目的は何なのか・・・。

<感想/コメント>
20世紀を代表するホラーシリーズの第1作。13日の金曜日=ジェイソン と思っている人が多いかもしれないが、本作ではジェイソンが人を襲って殺害していくわけではなく、生身の人間が犯人という正統派サスペンス作品になっている。サスペンスとしての展開性は十分楽しめるレベルではあった。期待のジェイソンは最後にほんのちょっとだけ登場するが、まだこのときはホッケーマスクをかぶってません(笑) ちなみに、殺される若者の中には、当時まだ無名のケビン・ベーコンもいます!






 【タグワード】 ・・・ クリックすると、同じワードでタグ付けされた作品を閲覧できます
   評価★6
   ショーン・S・カニンガム監督
   ホラー
   サスペンス

posted by ルーク | TrackBack(0) | サ行のタイトル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。