ブラインドネス (2008年)

評価: ★★★★★★☆☆☆☆( 6/10)


作品情報を見る
[作品名/タイトル] ブラインドネス
[原題] BLINDNESS
[製作年・国] 2008年 ・ アメリカ
[監督/ディレクター] フェルナンド・メイレレス
[出演/キャスト] 
ジュリアン・ムーア 、 マーク・ラファロ 、 アリシー・ブラガ 、
伊勢谷友介 、 木村佳乃 ほか
[作品ジャンル] パニック


<あらすじ/ストーリー>
街の交差点に止まった車の中で、何の前ぶれもなく突然目が見えなくなった男(伊勢谷友介)がパニックに陥る。その後、男は検査を受けるが原因は一向にわからない。しかも彼に接触した者も次々と視界が白くなり、目が見えなくなっていった。そんな中、療養所と呼ばれる隔離病棟が設けられ、発症者は強制的に収容されるが……。

<感想/コメント>
個人的には病気の原因をはっきりしてほしかった。この作品は病気そのものよりも病気によって人間社会から隔離されることによって浮き彫りになる人の醜さ・弱さ・優しさを描いた作品。一人だけ目の見える主人公は言わば違う次元から人々を客観的に見ているようなもの。今の人間社会も客観的に見るとこの病院内のように映っているのかもしれない。






 【タグワード】 ・・・ クリックすると、同じワードでタグ付けされた作品を閲覧できます
   評価★6
   フェルナンド・メイレレス監督
   ジュリアン・ムーア
   アリシー・ブラガ
   パニック
   伊勢谷友介
   木村佳乃

posted by ルーク | TrackBack(0) | ハ行のタイトル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。