フォース・カインド (2009年)

評価: ★★★☆☆☆☆☆☆☆( 3/10)


作品情報を見る
[作品名/タイトル] THE 4TH KIND フォース・カインド
[原題] THE FOURTH KIND
[製作年・国] 2009年 ・ アメリカ
[監督/ディレクター] オラントゥンデ・オスサンミ
[出演/キャスト] 
ミラ・ジョヴォヴィッチ 、 ウィル・パットン 、
イライアス・コティーズ 、 ハキーム・ケイ=カジーム ほか
[作品ジャンル] スリラー


<あらすじ/ストーリー>
アラスカ州ノーム。何者かに夫を殺害された心理学者のタイラー博士(ミラ・ジョヴォヴィッチ)は、夫の遺志を継ぐべくこの町特有の原因不明の不眠に苦しむ住民たちのカウンセリングに当たる。患者たちが一様に同じ症例を訴えることを不審に感じた彼女だったが、ある患者が謎の言語を発するとともに妻子を殺して自殺してしまい…。

<感想/コメント>
うーん・・・面白くなかった。実際の映像と再現映像を組み合わせて描いているモキュメンタリー(フェイク)作品なのだが、リアリティはまったく感じられなかったし、実際の映像と再現映像の2画面構成の演出は、構図がうるさすぎで観ていてストレスだった。この手の作品は謎が謎のままで終わっちゃうので、いかにその謎を観客たちに楽しませるかがポイントだと思う。






 【タグワード】 ・・・ クリックすると、同じワードでタグ付けされた作品を閲覧できます
   スリラー
   ミラ・ジョヴォヴィッチ
   オラントゥンデ・オスサンミ監督
   評価★3

posted by ルーク | TrackBack(0) | ハ行のタイトル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。