ハート・ロッカー (2008年)

評価: ★★★★★★★★☆☆( 8/10)


作品情報を見る
[作品名/タイトル] ハート・ロッカー
[原題] THE HURT LOCKER
[製作年・国] 2008年 ・ アメリカ
[監督/ディレクター] キャスリン・ビグロー
[出演/キャスト] 
ジェレミー・レナー 、 アンソニー・マッキー 、
ブライアン・ジェラティ 、 レイフ・ファインズ ほか
[作品ジャンル] アクション


<あらすじ/ストーリー>
2004年、イラク・バグダッド。駐留米軍のブラボー中隊・爆弾処理班の作業中に爆発が起き、班長のトンプソン軍曹が爆死してしまう。トンプソン軍曹の代わりに派遣されてきたのは、ウィリアム・ジェームズ二等軍曹。彼はこれまでに873個もの爆弾を処理してきたエキスパートだが、その自信ゆえか型破りで無謀な行動が多かった。部下のサンボーン軍曹とエルドリッジ技術兵は彼に反発するが、ある事件をきっかけに打ち解けていく。

<感想/コメント>
一般的な戦争映画では一視点で描かれるため敵味方という明確な善悪をつけがちだが、この作品は始まりから終わりまで、たんたんと戦場の日常を切り取っているだけ。そこが非常にリアルで観る者に "戦争" という重い問題を突きつけてくる。




 【タグワード】 ・・・ クリックすると、同じワードでタグ付けされた作品を閲覧できます
   アクション
   ジェレミー・レナー
   キャスリン・ビグロー監督
   評価★8

posted by ルーク | TrackBack(0) | ハ行のタイトル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック