ソウ5/SAW5 (2008年)

評価: ★★★★★☆☆☆☆☆( 5/10)


作品情報を見る
[作品名/タイトル] ソウ5/SAW5
[原題] SawX
[製作年・国] 2008年 ・ アメリカ
[監督/ディレクター] デヴィッド ハックル
[出演/キャスト] 
トビン・ベル 、 ベッツィ・ラッセル ほか
[作品ジャンル] ホラー


<あらすじ/ストーリー>
九死に一生を得て助かったFBI捜査官ストラムは、傷一つ負わずにゲームから生き残ったホフマン刑事こそジグソウの後継者ではないかと疑う。一方、ジグソウ生前に弁護士に預けられた遺言と、遺品を見て衝撃に襲われるジグゾウの元妻、ジル。そして、コンクリートの床の上で5人の男女が目覚めると、犬の首輪に繋がれ、V字型の大きな刃がセットされていた・・・。「ハロー!5人が一緒になって、生き残りに励んでほしい」 新しいゲームの仕掛け人は、果たして、ホフマン刑事なのだろうか? そして、ジグソウの遺言の内容、ジルが驚愕した遺品とは何なのだろうか?!

<感想/コメント>
パート5からは真犯人のドンデン返しではなくなる。けど、あいかわらずアイデアを絞って最後にアッと驚かせる展開を作ってくれている。製作しているスタッフのやる気に満ち溢れたパワーを感じる作品。続きのありそうなラストは完全に毎週放送されるTVドラマのような終わり方です。






 【タグワード】 ・・・ クリックすると、同じワードでタグ付けされた作品を閲覧できます
   デヴィッド ハックル監督
   評価★5
   ホラー
   トビン・ベル

posted by ルーク | TrackBack(0) | サ行のタイトル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。