ソウ3/SAW3 (2006年)

評価: ★★★★★★☆☆☆☆( 6/10)


作品情報を見る
[作品名/タイトル] ソウ3/SAW3
[原題] SawV
[製作年・国] 2006年 ・ アメリカ
[監督/ディレクター] ダーレン・リン・バウズマン
[出演/キャスト] 
トビン・ベル 、 ショウニー・スミス 、ディナ・メイヤー ほか
[作品ジャンル] ホラー


<あらすじ/ストーリー>
息子を交通事故で亡くしたジェフは、目覚めると食肉工場の地下室にいた。扉を開けると、鎖につながれた3人の男女。貯蔵庫には、最愛の息子を飲酒運転でひき殺した男。解体場には、犯人に軽罪しか与えなかった判事。冷凍室には、ひき逃げを目撃しながら証言しなかった女。・・俺は、息子を殺した人間たちを処刑するのか?
一方、医者のリンは病院でのシフトを終えた直後誘拐され、連れて行かれた地下室で、死の瀬戸際のジグソウと会う。「このゲームが終わるまで、私の命を持たせろ。私の死は、お前の死も意味する・・」こうして新たなる「ゲーム」が始まった!

<感想/コメント>
本作からガラリと作品のテイストが変わり、ドラマ性のあるホラー映画になった気がする。アメリカのTVドラマを観ている気分。見せ場となるドンデン返しもこれまでとは異なった作りになっていた。シリーズにいったんピリオドを打つかたちで終わる。






 【タグワード】 ・・・ クリックすると、同じワードでタグ付けされた作品を閲覧できます
   ダーレン・リン・バウズマン監督
   評価★6
   トビン・ベル
   ホラー

posted by ルーク | TrackBack(0) | サ行のタイトル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。