アザーズ (2001年)

評価: ★★★★★★☆☆☆☆( 6/10)


作品情報を見る
[作品名/タイトル] アザーズ
[原題] The Others
[製作年・国] 2001年 ・ アメリカ、スペイン、フランス
[監督/ディレクター] アレハンドロ・アメナーバル
[出演/キャスト] 
ニコール・キッドマン、 フィオヌラ・フラナガン、
クリストファー・エクルストン、 アラキナ・マン ほか
[作品ジャンル] サスペンス・ホラー


<あらすじ/ストーリー>
1945年のイギリス。大きな古い屋敷に暮らす母グレースと2人の子供たち。子供たちは極度の光アレルギーのため、彼等が通る場所は必ずカーテンを閉めていた。ある日、屋敷に働き口を求めて3人の召し使いが訪ねてくる。そしてそれ以来、この屋敷で不可思議な現象が起こり始める。そして子供たちは”何か”を目撃し、それをグレースに描いてみせる。光さえ届かないこの屋敷で、子供たちは何を見たのだろうか…?

<感想/コメント>
「シックス・センス」以降に流行した驚きの結末系映画。たしかに何も疑わずに観ると驚くのかもしれないが、ずっと疑って観てしまったので単なる普通のホラー映画でした。それでもまぁまぁ楽しめて観ることはできたかな。しかしあのラストを観るとどうも”あの映画”のラストをパクっているような気がしてならない・・・。






 【タグワード】 ・・・ クリックすると、同じワードでタグ付けされた作品を閲覧できます
   評価★6
   ホラー
   サスペンス
   アレハンドロ・アメナーバル監督
   ニコール・キッドマン

posted by ルーク | TrackBack(1) | ア行のタイトル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

アザーズ/The Others(映画/DVD)
Excerpt: [アザーズ] ブログ村キーワードアザーズ(原題:The Others、Los Otros)キャッチコピー:その“存在(アザーズ)”が見えた時、全てが変わる。その恐怖に世界が戦慄..
Weblog: 映画を感じて考える〜大作、カルトムービー問わず映画批評
Tracked: 2010-06-12 15:22
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。